学習と勉強は違う。

「学習」と「勉強」はしばしば同じ意味で用いられることがありますが、実際は異なります。

まず、辞書で学習と勉強の意味について調べてみます。

学習
①まなびならうこと。
②経験によって新しい知識・技能・態度・行動傾向・認知様式などを習得すること、およびそのための活動。

広辞苑

勉強
①精を出してつとめること。
②学問や技術を学ぶこと。さまざまな経験を積んで学ぶこと。「数学を―する」「何事も―だ」
③商品をやすく売ること。「お値段は―しときます」

②は両方ともだいたい同じ意味ですが、勉強の方は①や③の意味も持っています。

そして、漢字の意味を考えると、学習は「学び、習うこと」であり、①に当てはまります。

一方、勉強は「強いて勉めること」です。

「勉める」というのは「力を尽くして行う」という意味なので、勉強は「強いて力を尽くして行う」という意味になります。

故に、「学習」というと、「学び、習うこと全般」を指すのに対して、「勉強」は無理やりに、かつ全力で行うことを指すと考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました